データ入稿について

データの入稿方法  >アプリケーション別の注意事項

データの入稿方法

サーバから入稿して頂きます。直接お持ち込みいただくことも可能です。 
入稿前に以下の「データ入稿の注意事項」を必ずお読みください。

※遠方在住の方で、ファイル容量や回線速度の問題でサーバから入稿ができないお客様はご相談ください。

 

データ入稿の注意事項

  • ご入稿の前には必ず印刷データのチェックをお願いいたします。
    データのチェック内容はアプリケーション別のご注意をご覧ください。
  • サーバから入稿される場合はデータ破損防止のため、必ずZIP形式に圧縮して入稿してください。
  • サーバでのデータ入稿に関しましては24時間対応となっております。
    来社してのお持ち込みの場合は弊社営業時間内(9:00〜17:00)の対応になります。
  • お持ち込み頂ける方は、DVD-R・CD-R・CD-RW・USBメモリでのメディア入稿も可能です。
  • 印刷データと合わせて、印刷時に仕上り見本となるカンプデータを必ずご一緒にお送りください。
    カンプデータはPDFまたはスクリーンショットをJPEGにしたデータでお願いいたします。
    ※メディア入稿の場合は出力でも構いません。

 スクリーンショットの取り方

Macの場合:ショートカット「shift+command+3」でデスクトップにPNGファイルとして保存されます。
画像ソフトを使用してJPEGに変換してお送りください。

Windowsの場合:「Print Screen」キーを使用すると、クリップボードにスクリーンショットが記憶されます。
その状態で画像ソフト等にペースト(貼り付け)し、JPEGとして保存したデータをお送りください。

 

サーバでの入稿方法

インターネットを利用して弊社が用意しましたサーバへ入稿していただく方法です。
※使用には弊社からお送りするIDとパスワードが必要になります。
1ファイル1GB以内にしてください。1GB以上ですと正しくアップロードされません。
 入稿データの容量が大きい場合は複数に分けて入れてください。

サーバのつなぎ方

 ①ブラウザ(InternetExplorer,Safari,Chromeなど)を開いて、
  「http://tool.imj.co.jp/filer/」と入力します。
 ②IDとパスワードを聞いてきますので、
  弊社からお送りしたID/パスワードを入力してください。

データのアップロード方法

 ①圧縮ソフトで、入稿データをZIP圧縮します。
  ※フォルダのままではアップロードされません。
  【ZIP圧縮の仕方】
  Mac:フォルダを右クリックして「“(フォルダ名)”を圧縮」を選択
  Windows:フォルダを右クリックして「送る」→「圧縮」を選択
 ②圧縮したデータをブラウザのメインウインドウ領域へドラッグ&ドロップします。

 間違って不必要なデータをアップロードした場合は、
 そのデータを選択後、「右クリックして削除する」または「上部削除ボタン」をクリックして削除してください。

 

メディアでの入稿方法(近隣で持ち込みが可能な方のみ)

CD-R等のメディアにデータをコピーし、弊社にお持ちいただく入稿方法です。原則、弊社の方へ直接お持ち込みが可能な方のみの方法です。
以下のメディアでご入稿ください。
USB/CD-R/CD-RW/DVD−R

※入稿時に使用されたメディアは商品の納品時に、ご一緒に返送いたします。
※弊社へのアクセス方法はこちらをご覧ください。

 

アプリケーション別のご注意

Illustratorデータについて

  • IllustratorはCS4までの入稿が可能です。
  • 書体については全てアウトラインしてください。
  • カラーモードはCMYK を使用してください。※特色は使用不可
  • ドキュメントのラスタライズ効果設定 ※効果設定を使用される場合は、高解像度(300ppi)の設定にしてください。
  • 入稿データで使われる「罫線」は、最低0.3pt(約0.1mm)以上を設定してください。
    0.3pt以下では印刷物に表示されない場合がございます。また色付きの罫線の場合は、0.7pt以上が理想です。
  • トンボ外にある不必要なパス・文字・画像は全て削除してください。
  • トンボは必ず作成してください。規格サイズのボックスを作成し、それに対してトリムマークを付けてください。
  • 保存形式はaiかeps形式でお願いいたします。

【配置画像について】

  • 配置する画像は全て埋め込まず、リンクして配置してください。(※高いバージョンからCS4に落とした際に埋込となる場合があります。その際は埋込でも構いませんので、元の画像と一緒に入稿してください。)
  • リンクした画像は全て入稿してください。
  • 画像はCMYK・グレースケール・モノクロ2階調を使用してください。
  • 画像の保存形式はEPS形式またはPSD形式でお願いいたします。
  • 画像は350dpiで等倍配置が理想です。
  • 画像のリンク切れを防ぐため、配置画像と出力ファイルは同じフォルダ内に入れてください。

※塗り足しは忘れていませんか。※デザイン上で紙面ギリギリまで作成された場合、断裁の際にほんの僅かなずれが生じただけで、印刷する用紙の色(白地)が出てしまう可能性があります。それを避けるため、仕上サイズの外側まで、3mmほど余分に色や写真の幅を広げておく必要があります。

 

Photoshopデータについて

  • PhotoshopはCS4までの入稿が可能です。
  • 書体については全てアウトライン(ラスタライズ)してください。
  • カラーモードはCMYK・グレースケール・モノクロ2階調を使用してください。
  • 画像の保存形式はEPS形式またはPSD形式でお願いいたします。
  • 特色(DIC/PANTONE)はお取り扱いできませんのであらかじめご了承ください。
  • レイヤーは必ず統合してください。

RGBデータで入稿された場合、印刷物の仕上がりの色味が変わってしまいますので、CMYK変換等の補正が必要となります。その際、作成時より濁った感じの仕上がりになる場合がございますのであらかじめご了承ください。またCMYK変換の作業費を頂きます

画像解像度は、実際の出力サイズに拡大・縮小した時にフルカラーは350dpi、グレースケールは600dpi、モノクロ2階調(線画)は1,200dpi以上が必要となります。
ただしポスターやのぼりの様な見る距離が遠いものは、上記の半分程度(フルカラーなら150〜200dpi)でもかまいません。 

 


原則として対応しておりません。

 

原則として対応しておりません。

 

Microsoftデータについて

  • Microsoft Officeデータに関しては、Windowsデータのみの対応となります。あらかじめご了承ください。
  • Microsft Officeデータでのご入稿の場合、印刷用のデータに変換する作業が発生致します。
    弊社で変換作業をしますので別途変換料金がかかります。ご了承ください。
  • データの作成方法によって完全再現が難しいケースが多いので事前にご相談ください。
  • 注文フォームから入稿データ形式選択時、【Word】【Excel】【PowerPoint】を選択した場合、
    「Microsft Officeデータ変換料金」を追加したお見積をさせていただきます。
  • 変換にお時間を頂くため、ご入稿時に希望されていた納期にはならない可能性がございます
    余裕をもってご注文ください。

ご注文・お見積もりはこちらからどうぞ

ご注文依頼 お見積もり依頼 デザイン制作のご依頼