挨拶案内状-文例

文例

挨拶案内状の文章は個人や法人によっても、用途によっても様々。
ここでは、文例の一部を用途にあわせてご紹介しています。

個人様向け|退職定年退職転職引越(転居)転勤独立開業暑中見舞い寒中見舞い

法人様向け|会社設立事務所移転役員交代・就任人事異動・着任退任社名変更支店開設閉鎖・倒産

店舗様向け|新装開店店舗改装店舗移転閉店臨時休業

 

個人様向け

退職

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて私こと
このたび一身上の都合により●●●●●●を退社することと相成りました。

在職中は格別のご厚情を賜りましたこと心から御礼申し上げます。

終わりに、貴社ならびに皆様のなお一層のご発展をお祈りし
ご挨拶にかえさせていただきます。 
敬具


拝啓 ●●の候 益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
私儀、●月●●日をもって●●●●●●●●●●●●●●●を退職いたしました。
在職中は皆様方に公私に亘り一方ならぬご懇情とご指導を賜り心より感謝し、有り難く厚くお礼申し上げます。
これからは健康に留意し有意義な余生となるよう努めたいと思っております。
何卒今後共相変わらぬご交誼を賜りますようお願い申し上げます。
終わりに皆様方のご健勝とご多幸を衷心よりお祈り申し上げます。
まずは略儀乍ら書中をもってお礼旁々ご挨拶を申し上げます。 敬具


拝啓 時下ますますご健勝にお過ごしのこととお慶び申し上げます。
●●●●●●●在職中はいろいろとお世話になり、厚く御礼申し上げます。
また、退職に際しましては暖かいお心づかいをいただきまして、本当にありがとうございました。
皆様の励ましのお言葉を糧にして新生活を築いていきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
末筆ながら、皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。 敬具


拝啓 時下ますますご健勝にお過ごしのこととお慶び申し上げます。
さて私こと、この度●●●●●●●●を退職いたしました。
永い歳月大義なく大過なく勤めさせて頂きましたことはひとえに皆様のご厚情の賜と深く感謝いたしております。
今後共何卒変わらぬご交誼をお願い申し上げます。 敬具

 

定年退職

拝啓 時下ますますご清栄のことと存じます。
さて、私こと、このたび、●月●日をもちまして、●●●●●●●を定年退職いたしました。
昭和(平成)●●年の入社以来、●●●年の長きにわたり、
皆様には言葉に尽くせないほどのご厚情ご指導をいただき、厚く御礼申し上げます。
この間、時代を取り巻く環境は大きく変化いたしましたが、
幸いにもつつがなく無事に今日まで勤め上げることができましたのも、
ひとえに皆様のおかげと、あらためて感謝する次第でございます。
幸いにも健康には恵まれておりますので、今後は各方面の福祉活動を通じて、
微力ながら社会に恩返しができればと考えております。
皆様には今後とも変わらぬご厚誼を賜れば、この上のない幸せに存じます。
まずは、略儀ながら書中をもちましてごあいさつ申し上げます。 敬具


拝啓 時下ますますご健勝にお過ごしのこととお慶び申し上げます。

さて私こと
このたび●●●●●●●を定年退職いたしました。

永い間公私にわたり色々とお世話になりましたことここに厚くお礼申し上げます。

今後共何卒変わらぬご交誼をお願い申し上げます。

末筆ながら、皆様のご健勝とご多幸を心からお祈り申し上げます。
 敬具


謹啓 ●●の候ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
私議、去る●月●日をもって●●●を定年退職する事になりました。
入社以来、公私にわたり絶大なるご指導とご鞭撻をいただきおかげをもちまして大過なく今日を迎えることが出来ました。
ひとえに皆様方のご懇情のお陰と心より感謝しております。ここに謹んでお礼申し上げます。
なお、後任は
●●●部 ●●●●
電話番号●●●●ー●●ー●●●●
メールアドレス ×××××@××××××××co.jp
今後とも末永くお引き立ての程、よろしくお願い申し上げます。
末筆ではございますが、ここに謹んで永年のご温情を感謝し、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。 敬白


拝啓 ●●の候、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて私こと、このたび●月●日をもちまして●●●を定年退職いたしました。
おかげをもちまして在職●●年間、大過なく勤めることが出来、感無量でございます。
これもひとえに入社以来の皆様方の心温かいご支援とご協力の賜ものと心より感謝しております。
なお、幸いにも今後は●●●●●に勤務する事になりましたので、
これからも一層のご指導とご鞭撻を賜りたくお願い申し上げます。
まずは略儀ながら、書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます。 敬具

 

転職

拝啓 皆々様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は、格別のご厚情をいただき心よりお礼申し上げます。
さて、このたび私は●●●●●●●●を●●月●●日に退職し、
●●月より●●●●●●●●に入社することとなりました。
自分のもてる能力をさらに発揮したいというのが転職の理由でございますが、
今後ともご指導ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
まずは、転職のお知らせ旁々ご挨拶まで。 敬具


拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、私こと、この度●●●●●●●●●●を円満退職し、●●●●●●●●●●に勤務いたすこととなりました。
在勤中は長年にわたり公私ともに格別のご高配を賜りありがたく厚くお礼申し上げます。
今後は、従来にも増して一生懸命努力していく覚悟でございます。
何卒今後とも一層の御愛顧御支援を賜りますようお願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがた御挨拶申し上げます。 敬具


拝啓 ●●の候 皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて私こと このたび●●●●●●●●●●を退職し、●●●●●●●●●●に勤務することとなりました。
●●●●●●●●●●●在職中は公私にわたり格別のご懇情を賜り誠にありがとうございました。厚くお礼申し上げます。
今後は新しい職場で微力ながら精一杯努める所存でございますので、
何卒倍旧のご指導ご叱声を賜りますようお願い申し上げます。
まずは略儀乍ら書中をもちましてお礼のご挨拶を申し上げます。
末尾となりましたが皆様のご健勝を衷心よりお祈りいたします。 敬具


拝啓 ●●の候 ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて私こと ●月●日に●●年勤務しました●●●●を退職致しました。
在職中には皆様に支えられながら様々な経験を積ませていただきました。
●月●日より●●●●に入社することになりましたが、
新しい職場におきましても皆様から頂きました数々のお言葉を思い出しながら頑張っていく所存でございます。
引き続きご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもちまして御礼方々ご挨拶申し上げます。 敬具

 

引越(転居)

拝啓 ●●の候 皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
日頃は御無沙汰いたしております。
さて私共このたび左記へ転居いたしました。
お近くにお出かけの節は是非お立寄り下さいます様お待ちいたしております。
時節柄、何卒お身体ご自愛のほど念じ上げます。
まずはお知らせ方々ご挨拶申し上げます。 敬具


拝啓 ●●の候 皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて私共 このたび左記の住所に転居いたしました。
お近くにお越しの節は是非お立ち寄り下さいます様お待ちいたしております。
今後共よろしくお願い申し上げます。 敬具


拝啓 皆様におかれましてはますますご健勝のことと心よりお慶び申し上げます。
さて、私こと 去る●月●日をもちまして●●●●●●●●●●●●●を定年退職し、左記に転居いたしました。
在職中は皆様にひとかたならぬ お世話になり、厚く御礼申し上げます。
永い歳月を大過なく勤めることができましたのもひとえに皆様のご厚情のおかげと深く感謝致しております。
今後とも変わらぬご交誼をお願い申し上げます。
お近くにお越しの際はぜひともお立ち寄り下さい。
まずは略儀ながら書中を持ちましてお礼かたがたご挨拶申し上げます。 敬具


拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
このたび、●●●●●●●●●●に転職が決まり、左記にて新生活を始めましたのでご報告申し上げます。
当地は海も山も近く、週末は毎週のように大好きな釣りに出かけています。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。
これからも変わらぬご指導の程、よろしくお願い申し上げます。 敬具

 

転勤

拝啓 ●●の候 益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて私こと、このたび●●●●勤務を命ぜられ過日着任致しました。
●●●●在勤中は公私に亘り大変お世話になり厚くお礼申し上げます。
新任地におきましても心を新たにして努力する覚悟でおりますので、
今後とも 一層のご指導ご鞭撻を賜わりますようお願い申し上げます。
末筆ではございますが、皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げお礼かたがたご挨拶申し上げます。 敬具


拝啓 ●●の候 皆様益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて私儀この度●●●●●●●●●●勤務を命ぜられ過日着任致しました。
●●●●●●●●●●在勤中は格別のご厚情とご指導を賜り誠に有り難く厚くお礼申し上げます。
新しい職場におきましても微力ながら全力を尽くす覚悟でございますので、
今後共一層のご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもちましてお礼かたがたご挨拶申し上げます。 敬具


拝啓 ●●の候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、私儀このたび●●●●●●●●●●勤務を命ぜられ過日着任致しました。
●●●●●●●●●●在勤中は公私共に格別のご懇情を賜り誠に有り難く厚くお礼申し上げます。
新任地におきましても新たなる熱意をもって精励致す覚悟でございますので、
どうぞ今後とも相変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
尚、この度、私共左記に転居致しましたのでお知らせ申し上げます。
お近くにお越しの節は是非お立寄り下さいます様お待ち申し上げます。
先ずは略儀乍ら書中をもってお礼旁々ご挨拶申し上げます。 敬具


拝啓 ●●の候 ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて 私こと、この度、●月●日付をもちまして●●●●勤務を命ぜられ、過日着任いたしました。
●●●●在勤中は公私にわたり格別のご厚情を賜り深く感謝いたしております。
新任地の仕事は身にあまる重責ではございますが、誠心誠意全力で最善を尽くして参りますので、
今後とも相変わらぬご指導ご鞭撻の程賜りますようお願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもって お礼かたがたご挨拶申し上げます。 敬具

 

独立開業

謹啓 ●●の候、いよいよご隆昌のこととお慶び申し上げます。
平素より、皆様方にはひとかたならぬお力添えをいただきまして、厚く御礼を申し上げます。
さて、私こと、●●●●●●●●に●●年間勤務し、その間一貫して●●●●携わってまいりましたが、
平成●●年●●月●●日をもちまして円満退社いたしまして、このたび、独立開業のはこびとなりました。
●●●●●●●●在社中は、格別のご高配を賜り、心より感謝申し上げております。
また、今後はこれまでのささやかな経験を生かし、微力ながら全力を傾注する覚悟でおります。
どうか、従前同様のご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申しあげます。 謹言


謹啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。
さて私は去る●●月●●日に●●●●●●●●●を円満退職いたし、
このたび左記により●●●●●●●●●を設立し、創業することにいたしました。
事業開始は、来る●●月●●日からでございますが、
これまで同様、よろしくご指導お引き立てを賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
略儀ながら書中をもってご創業のご挨拶といたします。 敬具


拝啓 ●●の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご指導ご鞭撻を賜り厚く御礼もうしあげます。
さて私儀このたび●●年間在職した●●●●●●●●を円満退社し、
●●●●を主な業務とする●●●●●●●●●●を設立いたしました。
これもひとえに皆々様のご支援の賜物と深く感謝申し上げます。
今後は今までに培った人脈と経験を生かし、
より質の高い製品とサービスを提供するために、鋭意努力をして参る所存でございます。
何卒皆様のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。 敬白


謹啓 ●●の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引立てを頂き厚くお礼申し上げます。
さて弊社 来る●月●日より左記のとおり●●●●として営業することとなりました。
これもひとえに日頃の皆様方の温かいご厚情とご支援の賜物と、心より感謝いたしております。
この度の会社設立を機に、社員一同、社業の発展に更なる精励を尽くし、
皆様方のご要望に誠心誠意お応えいたして参る所存でございます。
何卒より一層のご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。 謹白

 

暑中見舞い

暑中お見舞い申し上げます。
暑さ厳しき折柄、皆様にはお変わりございませんでしょうか。
おかげさまで、私ども皆つつがなく暮らしておりますので、ご安心下さい。
まだまだ厳しい暑さが続きそうでございますが、ご自愛のほど、お祈り申し上げます。


暑中お見舞い申し上げます。
梅雨も明け、本格的な夏到来となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。
私の方は相変わらず元気に過ごしております。
暑さも本番となり、体調を崩しやすい時期です。どうかご自愛ください。


暑中お見舞い申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます。
酷暑の折柄ご自愛ご健康をお祈り申し上げます。
今後とも一層の御愛顧のほどお願い申し上げます。


暑中お見舞い申し上げます。
日頃はご厚情を賜り誠にありがとうございます。
暑さの厳しき折、皆様方のご健勝をお祈り申し上げます。


◎暑中見舞い状への返事

暑中お見舞い申し上げます。
ご丁寧に暑中お見舞いをいただきまして、恐れ入ります。
皆様にはお健やかにお過ごしのご様子、何よりとお喜び申し上げます。
暑さが落ち着きましたら、一度お会いしたいですね。
おかげさまで、私ども家族一同もこの暑さに負けることなく、
相変わらず元気に暮らしておりますので、どうぞご安心ください。
まだ当分は暑さが続くことと存じますので、ご家族の皆様くれぐれもご自愛のほどを切にお祈り申し上げます。


暑中お見舞い申し上げます。
ご丁寧なお見舞状をいただきまして、誠に恐縮に存じます。
今年の暑さはことのほか厳しいもので、秋の気配が待ち遠しい今日この頃です。
【上司氏名・敬称】をはじめご家族の皆様にはお変わりなくお過ごしとのこと、何よりとお喜び申し上げます。
おかげさまで私どもも元気に毎日を過ごしておりますので、ご休心くださいませ。
猛暑が続く毎日ではございますが、お体を大切に過ごされますようお祈り申し上げます。
まずは、お礼かたがた暑中お見舞いまで。

 

寒中見舞い

◎喪中の方に、年賀状の代わりに出す挨拶状として使う寒中見舞いの文例

寒中お見舞い申し上げます。
毎日寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
昨年はいろいろとお世話になりありがとうございました。
おかげさまで新しい仕事にもようやく慣れ、自分の時間が持てるようになりました。
本年も変わらぬお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。
この冬は例年になく寒さが厳しいようです。
皆様もどうかご自愛下さいませ。


◎喪中と知らずに年賀状を出してしまった相手に、お詫びの手紙として使う寒中見舞い

寒中お見舞い申し上げます。
厳寒の侯、いかがお過ごしでしょうか。
先日は●●●●様の喪中を存じあげずに年賀状をお送りし、大変失礼いたしました。
ご家族の皆様にも心よりお詫び申し上げます。
まだまだ寒い日がつづきます。
皆様どうぞくれぐれもお体をお大事になさってくださいませ。


寒中お見舞い申し上げます。
厳寒の侯、いかがお過ごしでしょうか。
先日は●●●●様の喪中を存じあげずに年賀状をお送りし、申し訳ございませんでした。
お悔やみにも伺わず、大変失礼いたしました。
ご家族の皆様にも心よりお詫び申し上げます。
寒さはこれからが本番です。
風邪などお召しになりませんようくれぐれもご自愛下さい。
ご家族様もお身体をお大事になさってください。


◎喪中と知らずに年賀状を下さった相手に、お返事として使う寒中見舞い

寒中お見舞い申し上げます。
早々のお年賀状、ありがとうございました。
昨年、私どもの●●●●が亡くなり、新年のご挨拶を控えさせていただきました。
欠礼のお知らせも申し上げず、大変失礼いたしました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


寒中お見舞い申し上げます。
皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。
年頭にはご丁寧な年賀状をお送り頂きましてありがとうございました。
実は昨年、私どもの●●●●が亡くなり、新年のご挨拶を控えさせていただきました。
本来であればこちらから欠礼のお知らせを差し上げるべきところ、行き届かずに大変失礼いたしました。
本年もどうぞ変わらぬご厚誼の程、宜しくお願い申し上げます。

 

法人様向け

会社設立

謹啓 ●●の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、このたび、私ども有志によりまして、新たに会社を設立いたしました。
事業といたしましては、●●●●などを主体に、●●●●によって皆様のお手伝いをさせていただく所存でございます。
いまだ未熟な私どもではございますが、青雲の志を抱いて設立した会社でございます。
これからは、全社員一丸となって、全力を尽くし、努力してまいりますので、
何卒、これまで以上のご指導、ご支援を賜りますよう、衷心よりお願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申しあげます。 謹言


拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、この度弊社●●●●●●●●を来る●●月●●日に開業の運びとなりました。
これもひとえに皆様のご愛顧の賜物と、厚く御礼申し上げます。
つきましては、今後とも倍旧のお引き立てを賜りますよう伏してお願い申し上げます。 敬具


拝啓 皆々様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、この度下記におきましてささやかながら●●●●●●●●を開業いたしました。
つきましては、今後とも何卒よろしくご愛顧お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。
まずは、取り敢えず書中をもちまして失礼いたします。 敬具


謹啓 ●●の候、ますます御清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引立てに預かり厚く御礼申し上げます。
さて、弊社におきましては、かねてより●●●●を専門とする関連会社設立を準備しておりましたが、
このたび無事創設の運びとなりました。
これも偏に皆様方の日頃の御愛顧の賜物と衷心より厚く御礼申し上げる次第でございます。
今後も御支援くださる皆様の御期待に添うべく、最大の努力を傾注いたす覚悟でございますので、
何卒倍旧の御支援を賜りますようお願い申し上げます。
略儀ながら書中をもちまして会社設立の御通知かたがた御挨拶を申し上げます。 敬白

 

事務所移転

拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てにあずかり、深く感謝いたしております。
さて、このたび弊社は左記へ事務所を移転し業務を開始することになりました。
これを機に一層の飛躍をいたしたいと存じます。
今後とも倍旧のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 敬具


拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜わり厚くお礼申しあげます。
さて、この度弊社●●●●支社事務所は平成●●年●●月より左記へ移転し業務を行なうことになりました。
なにとぞご高承のうえ一層のお引立を賜わりますようお願い申しあげます。
まずは略儀ながら書中をもってご通知かたがたご挨拶申しあげます。 敬具


拝啓 ●●の候、貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、このたび、当社では業務拡張ならびに人員の増大に伴いまして、
本社機構を左記に移転することになりました。
これを機会に、社員一同、ますます社業に精励する所存でございますので、
どうか倍旧のご支援ご鞭撻のほどをよろしくお願いいたします。
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申しあげます。 謹言


拝啓 ●●の候 貴社ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。
さて、弊社●●営業所は手狭になりましたので、このたび左記に移転することとなりました。
これを機に、業務の拡大と販売の促進を図ると共に、
皆様のご期待に添えますよう社員一同精一杯努めて参る所存でございますので、
これまで同様ご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
なお、新営業所は●●駅から徒歩●分ですので、お近くにお越しの際はどうぞお気軽にお立ち寄りください。
取り急ぎ書中をもってご挨拶申し上げます。 敬具

 

役員交代・就任

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、このたび、私こと●●●●の後任として●●●●に就任いたしました。
もとより、私にとりましては身にあまる重責ではありますが、
一意専心、●●発展に全力を尽くし、皆様のご期待に添うよう努力いたす所存でございます。
つきましては、何卒前任者同様、格別のご指導ご鞭撻を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶を申し上げます。 敬具


謹啓 ●●の候、貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、私こと、このたび●●年間にわたり務めてまいりました代表取締役社長の職を退き、
取締役会長に就任いたしました。
社長在任中は、公私にわたりひとかたならぬご厚情を賜りまして、まことにありがとうございます。
なお、後任の社長には、前専務取締役の●●●●が就任いたしました。
私同様よろしくご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申しあげます。 謹言


謹啓 ●●の候、貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、私こと、このたび、定時株主総会および役員会におきまして、
代表取締役社長に就任することになりました。
微力ではございますが、社業に全力を傾注し、皆様のご期待に添うべく努力してまいる所存でございます。
どうか、前任者同様のご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申しあげます。 謹言


謹啓 貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
平素は、格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、●月●日の株主総会ならびに取締役会におきまして、
左記のとおり役員が選任され、それぞれ就任いたしました。
つきましては、何とぞご高承のうえ、今後ともいっそうのご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
まずは、略儀ながら書中をもってごあいさつ申し上げます。 敬具

 

人事異動・着任

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、私こと、このたび●月●日付けをもちまして●●●●●●●●●●に着任いたしました。
●●●●●●●●在勤中は大変お世話になりましたこと厚くお礼申し上げます。
もとより微力ではございますが 新しい職務に努力いたす所存でございます。
つきましては、今後とも格別のご指導ご鞭撻を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。
まずは 略儀ながら書中をもちましてご挨拶を申し上げます。 敬具


拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて私こと、●●月●●日付けをもちまして●●●●勤務を命ぜられました。
●●●●在任中は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
微力ながら新任務に専心努力する所存でございますので、
何とぞ一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
末筆ながら皆様方のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げ、御礼かたがたご挨拶申し上げます。 敬具


拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて私こと、このたびの異動により●●●●営業所勤務を命ぜられ過日着任致しました。
●●●●営業所在任中は、公私にわたりご厚情を賜りましてありがとうございました。
厚くお礼申し上げます。
新任地におきましても微力ながら努力精進いたす所存でございますので、
今後ともよろしくご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
まずは略儀ながらお礼かたがたご挨拶申し上げます。 敬具


平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、このたび私は会社の人事異動によりまして●●支店勤務を命じられ、このほど着任いたしました。
本店●●部勤務中はひとかたならぬご厚情に預かり、誠にありがとうございました。
厚くお礼申しあげます。
ここに改めて御礼申しあげるとともに、新任地におきましても、
倍旧のご支援、ご指導を賜わりたく、併せてお願いして、略儀ながら転任のごあいさつといたします。

 

退任

拝啓 ●●の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、私儀、この度●●月●●日付で●●●●●●●●を退任いたしました。
在任中は格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。
なお今後とも一層のご交誼を賜りますようお願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもちまして、御礼かたがたご挨拶申し上げます。 敬具


拝啓 ●●の候 皆様ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、私こと、このたび一身上の都合により●●を退任いたすことになりました。
●●在任中には格別のご厚情を賜り心から御礼申し上げます。
なお●月●日より弊社●●部●●●●が後任として就任しましたので、
よろしくお引き立てのほどお願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもちまして御礼かたがたご挨拶申し上げます。 敬具


謹啓 ●●の候、皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、私ことこのたび●●●●●●●●●●●を退任いたしました。
在任中は格別なご高配を賜り、お蔭をもちまして大過なく職責を果たし得ましたことを心より御礼申し上げます。
何卒今後とも変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。
なお、後任者(又は後任の●●●●)に対しましても、私同様一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもって御礼かたがたご挨拶申し上げます。 謹白


謹啓 ●●の候、皆様にはいよいよご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、私こと、このたび●●月●●日付で●●●●●●●●●●を退任いたしました。
顧みますれば大過なく職務を全うできましたことは、
偏に皆様方の温かいご厚情とご指導の賜物と深く感謝申し上げます。
これからは、心身を整え新しい生活を新たな気持で楽しんで行きたいと思っております。
何卒今後とも変らぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。
本来ならばお伺いしご挨拶申し上げねばならないところでございますが、
皆様のご健康とご多幸を祈念し、略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。 謹白

 

社名変更

謹啓 ●●の候、貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、このたび当社では、●●●●な企業イメージをアピールするため、
来る●●月●●日より、会社名を変更することになりました。
新社名は「●●●●●●●●」と申します。
業界をとりまく状況はいまだ厳しい昨今ですが、新しい社名のもと、
社員が一致団結し、未来への扉を押し開いていきたいと切望しております。
皆様には、倍旧のご支援お引き立てを衷心よりお願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申しあげます。 謹言


拝啓 時下ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。
さてこのたび当社は●月●日をもって社名変更することとなりました。
業務内容が時代とともに変化をとげ、
当社の新たなイメージ認知の必要性とその向上を願い新社名は●●●●と致しました。
この社名変更を機に社員一同大いなる希望をもってさらなる努力をしていく所存でございます。
今後とも何卒倍旧のご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。 敬具


拝啓 時下ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。
さて 当社では●●●●●●●●開発及び●●●●●●など事業の多角化を進め今日に至りました。
思えば今日までこのように事業を伸展できましたことは、
ひとえに皆様方のご支援の賜物と厚くお礼申し上げます。
つきましては今後更なる事業発展を期すため新時代にふさわしい商号として、
来る●月●日より社名を●●●●●●●●と変更致すことになりました。
ここに謹んでご案内申し上げますとともに、
今後いっそうのご愛顧ご鞭撻を賜りますよう略儀ながら書中をもってお願い申し上げます。 敬具


拝啓 ●●の候 ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配に預かり厚く御礼申し上げます。
さて、弊社はこのたび有限会社から株式会社に改組し●月●日をもって、
「●●●●●●●●」として発足することとなりました。
これを機に社員一同 より一層 お客様の満足度向上の実現に邁進していく所存でございますので、
何卒 倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
まずは失礼ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。 敬具

 

支店開設

拝啓 ●●●●の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り深謝申し上げます。
さて、弊社ではかねてより●●地区に支店開設の準備をすすめてまいりましたが、
おかげさまをもちまして、来る平成●●年●●月●●日より業務開始の運びとなりました。
今後は、地域に密着した支店運営をこころがけ、より充実したサービスを提供させていただく所存でございます。
なにとぞご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。 敬具


拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、来る●●月●●日より●●支店を開設し業務を開始する運びとなりました。
これもひとえにお取引先各位のご愛顧の賜物と一同深く感謝いたしております。
何分にも開設早々のこととて不行届きの点もあるかと存じますが、
絶大なご支援を賜りますよう切にお願い申し上げます。
略儀ながら書中をもってご挨拶かたがたご案内申し上げます。 敬具


謹啓 ●●の候、ますますご清祥の趣お喜び申し上げます。
さて、この度業務拡大のため平成●年●月●日付けで●●●●支社を立ち上げました。
つきましては、ここに支社所在地と代表電話をご案内申し上げます。
今後とも何とぞ倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもってご案内かたがたご挨拶申し上げます。 敬白


拝啓 ●●の候、貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご愛顧を賜わり、厚くお礼申し上げます。
さて、当社では、新たに●●市に営業所を開設し、●●月●●日から営業を開始する運びとなりました。
この●●営業所の新設により、益々のお客様満足度の向上をはかってまいる所存です。
新設されたばかりの営業所ですが、何卒、温かいご支援ご指導を賜わりますようお願い申し上げます。
まずは、略儀ながら書中をもって、ご案内申し上げます。 敬具

 

閉鎖・倒産

拝啓 ●●の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素はひとかたならぬご愛顧を賜り有難うございます。
さて、弊社はこのたび経営合理化の一環として●●支店を閉鎖することとなりました。
同支店の業務は●●支店が引き継ぎ、より一層充実したサービスを提供して参る所存でございます。
皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、
なにとぞご理解をいただき今後とも変わらぬお引立てを賜りますようお願い申し上げます。
略儀ながら書中をもちましてご挨拶させていただきます。 敬具


拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、弊社は創業以来●●年にわたり皆様のご厚情をいただいて、今日まで営業を続けて参りましたが、
諸般の事情により来る●月末日をもちまして解散いたすことになりました。
弊社にお寄せいただきましたご高誼に心から感謝申し上げますとともに、
力不足を深くお詫び申し上げる次第でございます。
なにとぞご容赦のほどお願い申し上げます。
まずは略儀ながら書面にて廃業のご挨拶を申し上げます。 敬具

 

店舗様向け

新装開店

拝啓 時下ますますご隆昌の趣お慶び申し上げます。
日頃は格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございます。
さて、このたび●●●●店の改装を終わり、来る●●月●●日より新装開店することになりました。
これも皆様の変わらぬお引き立てのおかげと心より感謝いたしております。
今後とも 一層の努力をしていく覚悟でございますので、よろしくお願い申し上げます。 敬具


拝啓 ●●の候、貴社ますますご清栄のことお慶び申し上げます。
平素より格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。
さて、●月より皆様にご不便をおかけしておりました店舗改装工事も、
今月末で全て完了する運びとなりました。
この度、店舗改装ができまましたのも、ひとえに皆様のご愛顧の賜物と改めましてお礼申し上げる次第です。
つきましては、新装開店感謝セールを●●日から●●月●●日までの期間開催いたします。
ご多忙中とは存じますが、皆様お誘い合わせのうえ、足をお運びいただけますようお願い申し上げます。
まずは、書中をもちまして新装開店のご挨拶とご案内申し上げます。 敬具


平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。
さて、この度、下記の場所に於いて新しく店舗を出店する運びとなりました。
皆様にくつろいでいただけるような空間や、
皆様に愛されるお店としてご利用いただけるよう、スタッフ一同努めてまいります。
新規オープンを記念し、是非皆様に●●●にご来店いただきたく、
ささやかながら記念品をご用意させていただきました。
このハガキをご持参の上、ご来店いただきますと、
●●●●●先着●●●名様にプレゼントさせていただきます。
是非、当店●●●を、ご愛顧のほど何卒宜しくお願い致します。


拝啓 ●●の候、皆様におかれてはますますご清栄のこことお慶び申しあげます。
平素の並々ならぬご愛顧にあずかり厚く御礼申しあげます。
さて、この度弊社においてかねてから改装工事を進めており、
期間中のご不便・ご迷惑をおかけした期間があり汗顔の思いでしたが、
この度お陰をもちまして工事が完了し、来る●●月●●日に新店舗にて営業する運びとなりました。
弊社念願の改装が無事おこなえたのは、
ひとえに皆様の日頃のお引き立ての賜物と、改めて深謝申しあげる次第です。
つきましては、●●日から●●日までの期間、新装開店感謝恩大康売を実施させていただきます。
ご多忙中とは思いますが、どうぞお繰り合わせのうえお気軽にお来店くださるようお願いいたします。
従業員一同心よりお待ち申しあげます。まずは御礼に加え開店のご報告を申しあげます。 敬具

 

店舗改装

店舗改装のためお休みさせていただきます。
期間
●●年●月●日(●)~ ●日(●)
なお ●日(●)より通常通り営業いたします。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。
平成●●年●月


拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
さて、当店は皆様のご愛顧のおかげをもちまして、順調に発展してまいりましたが、
このたび、より良いサービスのご提供をめざし、
かねてから計画しておりました、店舗の改装を行うことになりました。
改装工事期間中は左記の場所に仮店舗を設け営業いたします。
皆様にはご不便ご迷惑をおかけいたしますが、
なにとぞ変わらぬご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 敬具


拝啓 ●●の候、貴社ますますご清祥のことお慶び申し上げます。
日頃より格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。
さて、●月より皆様にご不便をおかけしておりました店舗改装工事も、
今月末で全て完了する運びとなりました。
この度、店舗改装ができまましたのも、ひとえに皆様のご愛顧の賜物と改めましてお礼申し上げる次第です。
つきましては、新装開店感謝セールを●月●日から●月●日までの期間開催いたします。
ご多用中とは存じますが、皆様お誘い合わせのうえ、ご来店いただけますようお願い申し上げます。
まずは、書中をもちまして新装開店のお知らせかたがた新装開店感謝セールのご案内を申し上げます。 敬具


拝啓 ●●の候、益々ご清栄の事とお慶び申し上げます。
平素は格別のご愛顧を賜り厚くお礼を申し上げます。
さて、弊店では店舗の改装をすすめて参りましたが、
この度お陰様でリニューアルが完了し、来る●月●日より、営業を再開する運びとなりました。
これもひとえに皆様の日頃のお引き立ての賜と改めて感謝し、
さらに心機一転、地域の皆様にご奉仕させて頂く所存です。
つきましては、下記の日程で●●を開催させていただきます。
ご多忙中とは存じますが、どうかお誘い合わせの上、お気軽にご来店下さいますよう、お願い申し上げます。
従業員一同心よりお待ち申し上げております。
まずはお礼に加え、店舗リニューアルのご報告を申し上げます。  敬具

 

店舗移転

いつも当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。
さて、この度、当店は現在の場所から●●m先の左記の場所に移転することになりました。
これを機にスタッフ一同心機一転、これまで以上に皆様にくつろぎの空間をご提供できるよう、
又、更なるサービスの向上、皆様に愛されるお店としてご利用いただけるようスタッフ一同努めてまいります。
このハガキをご持参の上、ご来店いただきますと●●●●を先着●●●名様にプレゼントさせていただきます。
今後とも当店●●●を、ご愛顧のほど何卒宜しくお願い致します。


拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご厚誼ご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、この度平成●●年●●月●●日より左記に店舗を移転することになりました。
これまで永らく旧店舗でご愛顧くださいましたお客様に厚くお礼申し上げますとともに、
引き続き新店舗にもご来店くださいますよう店員一同心からお待ち申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。 敬具


拝啓 ●●の候 皆様におかれましてはご健勝のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご愛顧を賜り、心より厚くお礼申し上げます。
さて、この度当店は店舗を下記に移転し、●月●日より新店舗で業務を開始いたします。
新店舗は現在より少し離れた所になり、
お客さまにはご不便をお掛け致しますがお含み下さいますようお願い致します。
これを機会に、なおいっそうの努力をもって皆様のご期待にお応えしてまいる所存でございますので、
今後とも相変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。
先ずはお知らせかたがたご挨拶申し上げます。 敬具


拝啓 ●●の候、皆様方におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、当店は●月●日(●)より左記住所に移転し、新たに営業を開始致します。
●●駅より徒歩●分と交通アクセスも便利になり、足を運んで頂きやすくなりました。
また、お客様の期待に添えるように商品も今まで以上に幅広く取り揃えております。
お近くへお立ち寄りの際は、ぜひ一度当店へお越しくださいませ。 敬具

 

閉店

拝啓 ●●の候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、突然ではございますが、平成●年開店以来五年余にわたり、
お引立ていただきました●●●●を、諸般の事情により●月末日をもちまして閉店いたすこととなりました。
皆様の温かいご支援の中での苦渋の選択となりましたが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
皆様の長年にわたるご愛顧に心から感謝申し上げますとともに、
皆様の今後ますますのご健勝をお祈り申し上げます。
略儀ながら書面をもちましてご挨拶申し上げます。 敬具


時下ますますご清栄のこと●●年にわたり、皆様のご厚情をいただいて今日まで営業を続けて参りましたが、
諸般の事情により来る●月●●日をもちまして閉店いたすこととなりました。
皆様の温かいご支援の中での苦渋の選択となりましたが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
皆様の長年にわたるご愛顧に心から感謝申し上げますとともに、皆様の今後ますますのご健勝をお祈り申し上げます。
略儀ながら書面をもちましてご挨拶申し上げます。 敬具


拝啓 ●●の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
さて、私こと一身上の都合により急ではございますが●●月●●日をもちまして、
閉店させていただく事となりました。
これまで続けて来られましたのは、
ひとえに皆様のご支援ご愛顧によるものと心からお礼申し上げますとともに、
閉店させていただきますことを深くお詫び申し上げます。
時節柄、御身お大切にお祈り申し上げます。まずは書中にてお知らせかたがたご挨拶申し上げます。 敬具


いつも●●●●●をご愛顧いただきありがとうございます。
このたび、誠に勝手ながら●●●●●は平成●●年●●月をもちまして(在庫終了次第)、
閉店させて頂くことになりました。
つきましては●●月●●日より閉店セールを実施致しますので是非お立ち寄りくださいませ。
これまでのご愛顧大変ありがとうございました。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

臨時休業

いつもご来店いただきありがとうございます。
さて弊店改装工事のため●月●日(●)~●日(●)の●日間お休みさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますがなにとぞご容赦ください。
なお●日(●)より平常通りの営業になります。
皆さまのお越しをお待ちしております。


いつも当店をご利用頂きまして誠に有難うございます。
さて、当店は●月●日~●月●日の●日間社員研修の為上記の日程にて、臨時休業致しますのでお知らせ致します。
皆様には何かとご不便をお掛け致しますが何卒ご理解ご了承下さいますようお願い申し上げます。
尚●月●日より平常通りの営業になります。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。


貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、まことに勝手ながら、来る●月●日(●)から●月●日(水)までの3日間、
売り場スペース階層のため、臨時の休業日とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、 よろしくご承知おきください。何卒よろしくお願いいたします。


謹啓 ●●の候、貴社益々御清栄の段大慶に存じます。
さて、このほど左記の日程で、弊社従業員慰安旅行を行うことになりました。
皆様にはご迷惑をおかけすることになり、誠に申し訳ございませんが、
ご理解の上ご了承くださいますよう、謹んでお願い申し上げます。
なお、弊社休業中による差し障りがあります場合は、恐れ入りますが、お早目にその旨お知らせください。
ご迷惑がかからぬよう万全を尽くし、対策を講じる所存です。
まずはお知らせとお詫びまで。 敬白

ご注文・お見積もりはこちらからどうぞ

ご注文依頼 お見積もり依頼 デザイン制作のご依頼